シズカゲルの本音の口コミと悪評|危険な成分は??

シミ対策に欠かせない「美白有効成分」とは?

美肌の味方「美白有効成分」とは?

医薬部外品の化粧品に配合される「美白有効成分」とは何でしょう?
トラネキサム酸、ビタミンC誘導体、アルブチン、コウジ酸……など、しみ予防について語るときに欠かせない「美白有効成分」の特徴や違いをまとめました。

※美白:メラニンの生成を抑え、しみ・ソバカスを防ぐ

美白有効成分とは?

「メラニンの生成を抑え、しみ・ソバカスを防ぐ」効果が期待できると厚生労働省が承認した成分いいます。

現在、厚生労働省承認の美白有効成分はわずか20種類弱しかありません。

厚生労働省承認をもらうまでが大変

製薬会社や化粧品メーカーが発見した成分が厚生労働省承認の美白有効成分として承認されるまでには、研究や安全性試験を重ねて美白効果や安全性を立証する必要があるので、申請から承認までに10年以上もの時間がかかることもあります。

なのですでに認められている美白有効成分は厳しく審査された成分といえます。

成分ごとに美白する方法は違ってくる

美白成分といっても美白化粧品によって配合されている成分によって肌へのアプローチが違ってきます。
大きく分けると3つの方法があります。

●しみを薄くするもの
●メラニンの生成を妨げるもの
●肌のターンオーバーを整えてメラニンの排出を促すもの

 

つまり、「どの成分が最も美白に効くか?」ということではなく、自分の肌悩みや肌の状態に合わせて効果的な成分を選ぶことが大事なのです。

代表的な美白有効成分

アルブチン:メラニン生成を阻害
コケモモに含まれる成分で、メラニン生成を引き起こす酵素チロシナーゼの働きを阻害します。くすみやシミを予防する効果が高い成分なので、肌のターンオーバーを整える成分が入った化粧品と組み合わせて使うと、より透明感のある肌を目指せます。

ビタミンC誘導体:メラニン生成の予防とターンオーバー正常化によるしみの予防にも期待
ビタミンCの美肌効果はよく知られていますが、そのままでは肌に吸収されにくいという弱点があります。そこで、ビタミンCの働きはそのままに、安定性を高めて角質へ吸収されやすく研究して作られたものが、
ビタミンC誘導体という成分です。

ビタミンC誘導体にはメラニンの生成を抑制し、できてしまったメラニンの色素沈着を防ぎ、細胞を活性化させて肌のターンオーバーを整える作用があります。ただし、肌を乾燥しやすいので保湿成分も同時に取り入れるように心がけましょう。

トラネキサム酸:しみ部位の炎症を抑える
もともと医療現場で止血剤や抗炎症剤として使われてきた成分で、皮膚の中で過剰なメラニン生成をしている「炎症状態」にあるメラノサイトを鎮める効果があると言われています。
また女性ホルモンの影響で、20代~40代の女性にできやすいしみの予防に効果があるとされています。

コウジ酸:しみ予防や黄ぐすみにも効果的
日本酒づくりの職人さんの手が白く美しいことから研究が進められ、日本で発見された美白有効成分です。日本酒や醤油の発酵の過程で働く麹菌由来の成分で、メラニン生成に関わる酵素チロシナーゼの働きを抑える働きがあります。また、しみ予防だけでなく、肌の透明感が失われて黄色っぽくなる「黄ぐすみ」にも効果があるとされています。

この他にも、

●エラグ酸
●ルシノール
●リノール酸
●カモミラET
●エナジーシグナルAMP
●マグノリグナン
●プラセンタエキス
●ニコチン酸アミド
などの美白有効成分があります。